愛人の実態は

男と言われるものは性欲に制圧される生き物だと言えます。
妻だったら性欲を発散できない男性は別の女で性欲を発散していきます。
そのため性欲を発散すべき女を発見することが求められるのですが、最も手っ取り早いのは愛人を作ってしまう事です。
私は探偵業を通して様々な浮気調査を実施してきたことがあるのですが、そんな中でも高給取りの男性は金銭に物を言わせて若い女に貢物をして、その報酬に性行為をやっているといった事が十分に見られました。
愛人となる女には特色が見受けられます。
さしあたって高確率で水商売の女がほとんどだと思います。
水商売の女は容姿がいたって綺麗で華やかなイメージを持つ女がほとんどで、男性が寄り付きやすく、競争相手が多いため、男性も必死で自らの女にしようと金銭を派手に使い込みます。
このような書き方をした場合女が男性から金銭を巻き上げていると考えられる見方をしてしまうのですが、そうではないのです。
男性側も水商売の女はひとりの物にしやすく、言い寄りやすいので対象にしていきます。仮に何かトラブルがあったとしても後腐れなく別れるのができますから、男性側から確認するとすごく都合が良いのです。
愛人といった言葉を耳にしたら過去の経験上男と女の黒い関係というようなイメージをもってしまうようです。
男は性欲の発散によって女は金銭という理由で男女関係を結んで、私利私欲のために活用し合っている様に感じるからだといえます。
お互いがそういう理由で納得がいってあるのなら良いのですが、愛人を囲う男性に家族が存在するケースになると、やはり妻に対する裏切りだと考えられます。
または更には愛人関係が妻に露呈した場合、男性の妻ともめごとになる危険性もある為、互いに極めて危険性があると思われます。
ですが、大人になるとそのような事も加えて、愛を育む方もいるわけであるため私は何も言えませんが、止めておくのが当たり前と私は感じるのです。